2018-07

未分類

お子さんの頭の変形が強いとおもったら

実際にヘルメット治療の適応となったのは、40%ほどでした。 内にヘルメット治療に対応する施設はありません 頭蓋骨早期癒合症などの手術は、千葉県こども病院で行われています。 日本では頭の形について無頓着であったことから、受診が遅れ気味でした。それが、こうしたヘルメット治療の知識が広まったことで、治療が必要な赤ちゃんの受診が増えたと全国の専門家たちが言っていました。
こどもの頭のかたち

ヘルメット治療の成果

勤務している病院での治療経験が無いので、ネットの情報でご紹介するしかありません。最初はウーマンエキサイトのライターさんで「nakamura omame」さんの記事ですが、ご自分のこどもさんが治療を受けられました。 無理矢理頭を押さ...
こどもの頭のかたち

扁平なあたまの形を良くするためには

タミータイム、体位変換は基本的に重要です。頭蓋の変形が中等以上の場合や、変形は軽いが年齢がすすんでいる場合は、ヘルメットが適応と考えられますヘルメットによる形状誘導が有効でしょう。ヘルメットの禁忌は、頭蓋骨早期癒合症という疾患です。あたまの成長部分である”頭蓋縫合”に異常があります。手術治療が必要な疾患です。
こどもの頭のかたち

Back to Sleep, Tummy to Play

乳幼児が起きているときに、保護者などの監督のもとで、乳幼児を腹ばいにして過ごさせること。 このことは、日本の医療者にも広まっていないです。ところが、在日の外国人あるいは、海外在住の日本人の母親は、知っているので、ネットで検索するとブログなどでたくさん書いてあります。
こどもの頭のかたち

”癖”を予防して、赤ちゃんのあたまの形をよくするには

抱っこする向きを変える 授乳する手を変える 頭の平坦な部位の反対側を向くようにする ベッドの向きを変える 赤ちゃんが興味をそそるモノをおく  ガラガラ、ビデオなど チャイルドシート(車)赤ちゃん用シートに 長く置かない
こどもの頭のかたち

乳幼児突然死症候群の予防と頭の変形

アメリカ小児科学会は、すべての乳児は仰向けで寝かせるように勧める声明を1992年に発表しました。そして1994年にいわゆる”仰向け寝キャンペーン”が開始されました。 うつぶせ寝にするのがふつうだったアメリカでは、95年には25%以下に減少したと言います。しかし、頭の変形も増加しました。
こどもの頭のかたち

日本国内で ヘルメット治療に対応する主な病院

ミシガン式ヘルメット 病院のドクターが、赤ちゃんの頭をスキャンして、そのデータからヘルメットの設計図まで作成します。 スターバンド アメリカでシェア35%という会社の製品を扱う施設ですが、基本的には国内のヘルメット作製会社であるAHSでの、頭蓋計測、ヘルメット作製、フォローアップとなります。
こどもの頭のかたち

米国では多くのヘルメットがFDA認可されています

高シェアのメーカーは、日本でも事業展開しています。 国内では、株式会社AHS Japan Corporationです。 Danmar社は、 Michigan Cranial Reshaping Orthosis というものです。 国立成育医療センターが国内に初導入しています。 ヘルメット製造会社によって治療対象月齢や効果もかなり異なるといいます。
こどもの頭のかたち

ヘルメット治療が広まっている

あたまの形を直すために、赤ちゃんにオーダーメードのヘルメットを作る治療があります。 アメリカで広まり、アメリカのヘルメットメーカーが日本にも進出しているという面もあります。 国立成育医療研究センターでは、2011年より「あかちゃんの頭のかたち」外来開設しています。成育医療では、ヘルメットも作製しますが、それ以前に育児習慣の見直し、積極的な体位変換、タクティールケア<理学療法のうち「タッチケア」が総称であり「タクティールケア」は1960年代にスウェーデンで看護師らにより低出生体重児を対象に始められたタッチケアを指す(日本スウェーデン福祉研究所のホームページより)>などを行うようです。
こどもの頭のかたち

頭蓋骨早期癒合症の鑑別が大事


スポンサーリンク